牛の様に力強く進んでいく

 

Archive for 10月, 2013

銀行預金を上手に管理する

月曜日, 10月 7th, 2013

最近銀行の意味が薄れているように思えます。お金を預けていても利子はほとんどもらえませんし、引き出すにしてもATMの時間によっては手数料を取られてしまいます。こんな事ならば、給料の受け取りについては手渡しを選べるのであればそうした方がお得なのかもしれませんね。昔の銀行利子を調べてみると、現在とは比べ物にならないくらい高かったという話を聞きますので、当時は銀行の意味も高かったんだと感じます。

いまや銀行預金に意味はないように感じる世の中なのですが、外貨預金口座に付いては、通常預金の金利よりも格段に高くなっています。毎月ある程度お金を使わず貯めているという人にとっては、外貨預金は適していると思います。世界的に金利は下がっているという話なのですが、それでも日本の銀行の金利よりは断然上です。お金を増やしたいと考えるのであれば、少しでもお得な方法で預け入れるべきだと思います。

外貨預金の口座はどこの銀行にもあるものです。さらにネットなどでお金の増やし方を調べて見ると、海外の金利の良い銀行に直接口座を作る人もいるようです。将来的には大きなお金になってきます。多少は手間でも面倒に思わず手続きをすべきなのかもしれませんね。

外貨預金で円安のリスクを回避できる

水曜日, 10月 2nd, 2013

為替が変動を続けていく中で、常に円の価値は上がったり下がったりしています。今後もしも円の価値が下がり続けていくようなことがあればその時に円しか持っていない日本人は当然ものを購入することも苦労する羽目になります。商品の多くを輸入している日本では外貨に比べて日本円の価値が低くなると物価は高くなるからです。日本円だけを保有しているというリスクを減らすために外貨預金を利用する方法があります。

外貨預金は日本円を外貨に換えて預金しておくことができます。外貨に換えておくと円の価値が下がっていったとしても外貨に換えた分は価値が上がっているわけで、物価の高騰などにも耐えることができるようになります。また外貨は金利が高く、預金しておくだけでも利息が入ってきます。金利がとにかく低い日本に比べてみるとその高さは10倍以上ということが当たりまえのため預金をしておくだけでもお金がたまっていきます。

外貨預金には他にも利用方法があり、メリットがいくつも考えられます。為替の変動はそれを目当てに外貨預金をする人にとってメリットにもデメリットにもなります。ただ今後の経済的な変動を考えた上でのリスク管理といった意味では外貨預金はとても便利なサービスになります。